ユルユルペケアール

xRをすべての人へ(VR・AR・MR・GR・カメラ)

VR

Racket: NX | 【レビュー】サイバー空間でラケットを使ってドーム型ストラックアウト!Oculus Quest

更新日:

先日、Oculus Quest対応VRゲームの「Racket Fury : Table Tennis VR」をご紹介しました。

 

こちらはロボットと対戦する硬派なVRピンポンゲームでしたが

今回紹介するVRゲームはラケットを使ってドーム内ストラックアウトができる「Racket : NX」です。

基本ルール

タイトルに同じRacketが入っているので同じようなゲームじゃないのとお思いでしょう。

全く違ってこちらはテニスのラケットでドーム内でストラックアウトをしていくゲームになります。

こちらが使うラケット。

ラケット

ラケット

 

プレイ画面です。

プレイ画面

プレイ画面

 

オレンジパネルを破壊せよ

プレイヤーは、360度取り囲むドームの中心に立っています。

空間にボールが浮かんでいるのでそれを手に持ったラケットで壁に打ちます。

跳ね返って来たところを打ち返すを繰り返すのですが、壁には六角形のパネルが貼り詰められていて、オレンジのパネルを破壊していくのが目的です。

オレンジパネル

オレンジパネル

360度がプレイフィールドになるのでボールを見失うこともあります。

その時はトリガーを引くことでボールの方からこちらで向かってきてくれます。

クルクルしたバネのようなエフェクトで戻ってきます。

これは親切な設計ですね。

キョロキョロ探し回る必要がなく、テンポよくゲームを楽しめます。

玉を力強く打ち返すと壁を伝ってボールが走り、オレンジパネルを破壊してくれます。

高得点を狙うにはこのテクニックは必要です。

しかし、オレンジパネルでないところをボールが走るとタイムロスになってしまいますのでトリガーで呼び戻しましょう。

エナジー要素

下部にEnergyゲージがあり、プレイ中これが少しづつ減っていきます。これが0になるとゲームオーバー。

それを回復してくれるのがこの青十字のパネルです。このパネルは一度壊すと復活しません。

だから壊しすぎるとあとで困りますので、少しずつ壊しましょう。

厄介なのがこのアカドクロパネルです。

これを壊すとエナジーがごそっと減ってしまいますので、なるべく壊さないようにいきましょう。

ステージ床の一部にゼブラ模様の場所があり、ココにボールが入ると玉の色が白く変わり画像の位置に停止してくれます。

狙いを定めやすくなって、オレンジパネルへバシッと打ち込むと周りのパネルも巻き込むスーパーショットになります。

他にも様々なギミックがあり、ボールが壁を伝いやすくなるパネルがあったり、弾くようなパネルがあったり、ワープするパネルもあります。

まだ知らないパネルもありそうなのでこれからが楽しみです。

3種類のモード

アーケードモード

エナジーゲージがなくなるまで続くエンドレスゲーム。

回復させながら、オレンジパネルをドンドン壊していくゲームスタイルです。

汗をかくので有酸素トレーニングにいいかも知れません。

ソロモード

ステージクリア型で1ステージ4以上のWaveがあり、エナジーを維持したまま全Waveオレンジパネルを壊せばステージクリア。

他にもボーナスパネルが空中に浮かんでいるので壊せば、次のアタックで強力な一打が打てるようになるものもあります。

マルチプレイヤーモード

一つのドームの中心に2人が青と赤に分かれて隣同士になっています。

玉が自分の色になった時に打つと次は相手の色に変わり、順番に壁のオレンジパネルを壊していきます。

エナジーバーのところがスコア表示になっていて、多くの得点を取った方が勝ちの2セット先取マッチです。

サイバーなプレイ空間

楽しいゲーム性も去ることながら、ネオン演出された六角形のパネルに囲まれたサイバー空間に、派手なエフェクトとリズミカルな音楽が相まった空間でラケットを振ってひたすらパネルを壊していくのは、なかなかの高揚感に包まれます。

しかも、ボールが壁を伝って一度にパネルを多く破壊した時の高得点が出たときはド派手なエフェクトでメチャクチャテンションがあがりますね。

ムービー

ソロモードの1ステージを動画に撮ってみたのでご覧ください。

下手くそなので一度ゲームオーバーになっています。

グルグル視点が回るので気持ち悪くなりそうなときは停止してくださいね。

まとめ

OculusQuest対応で販売され始めて間もないので触りだけのプレイにはなりますが、控えめに言ってもヤバいおもしろさです!

Racket FuryはピンポンをVRでリアルに体験できる楽しさがありました。

Racket : NXは完全に別物で360度、どの方向もプレイ環境なのでクルクル自分が回って打ちまくるゲームです。

周りから見るとさぞ、おもしろい動きに見えるでしょうね。

しかし、Racket : NXは360度がプレイ方向なので、壁や家具などにぶつかることがよく報告されているようです。

中には壁に穴を開けてしまった方もいらっしゃるみたいです。

VRをするときはもちろん、特にRacket : NXをプレイするときは、周りを整頓して安全かどうかよく確かめてプレイしましょう。

汗をかくのでこういったグッズも紹介しています。

 

-VR

Copyright© ユルユルペケアール , 2020 All Rights Reserved.